写真展名

6人の写真家による「夜景への誘い」


出展写真家

小山光弘、並木隆、藤村大介、水野秀比古、山口規子、米屋こうじ


開催期間

2018年12月11日(火)~12月28日(金)
平日 11:00~20:00、土日祝日 10:00~19:00(最終日は16:00まで)


会場

「FUJIFILM Imaging Plaza」内 ギャラリー


住所

東京都千代田区丸の内2-1-1 丸の内MY PLAZA3階


展示予定点数

30点(高画質銀写真プリント)


展示予定の作品

並木 隆

藤村 大介


出展写真家プロフィール

■小山光弘(こやま・みつひろ)
1976年、長野県生まれ。ストロボ・LEDライトの閃光を活かし「閃光グラフィー」なる作風で日常と非日常の境を写真表現する。写真展に「Sylph(シルフ)」など。

■並木 隆(なみき・たかし)
1971年生まれ。高校生の頃、写真家・丸林正則氏と出会い、写真の指導を受ける。花や自然をモチーフに作品を発表。写真展に「心花 こころ True Flowers」など。

■藤村大介(ふじむら・だいすけ)
1970年、香川県生まれ。1995年、フリーランスとしての活動を開始。20年以上にわたって世界各地の夜景を撮影。著書に『世界のまがとき、カメラ旅』

■水野秀比古(みずの・ひでひこ)
1968年、京都市生まれ。義父である写真家、水野克比古に師事。京都に内在する多彩な情景や意匠、四季の移ろい、幽玄の様相を撮り続けている。

■山口規子(やまぐち・のりこ)
栃木県生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業。文藝春秋写真部を経て独立。女性誌や旅行誌を中心に活動。透明感のある画面構成に定評がある。

■米屋こうじ(よねや・こうじ)
1968年、山形県生まれ。生活感のある鉄道風景のなかに人と鉄道の結びつきを求めて、日本と世界を旅しながら撮影。著書に『ひとたびてつたび』など。

 

併催イベント

「夜景撮影セミナー」


日時

2018年12月15日(土)15:00~16:00/並木 隆氏
2018年12月22日(土)13:00~14:00/藤村 大介氏